ギリシャ産ワインと食品の専門店「ノスティミア」国内随一の品揃え 〜全国配送対応〜

  • ホーム
  •  > エッセイ 私の生まれた土地:キミ

Essay エッセイ

私の生まれた土地:キミ

人がある土地について持つ連想には様々なかたちがあるものです。ある人々にとっては、その感覚は視覚的なものであり、別の人々にとっては聴覚的なものです。 あるいは人間のことであったり、慣習のことであったりします。私にとっては、それは匂いです。 私がかつて人生の初期に知っていて、愛していた土地に、目隠しをされてパラシュートで落とされたとしたら、私はそこがどこか分かるでしょう! その理由は分かりませんし、その場所がどんな匂いがするのか説明するのは簡単ではないと思いますが、私はある土地を匂いによってそれと分かるのです。

私は、ギリシャで2番目に大きい島であるエヴォイア[Evoia]県のキミという小さな田舎町で生まれました。
私の初期の記憶は、その地域のお祭り用のパンである「エフタジモ[eftazimo]」を焼く匂い、散髪に連れて行かれたヴァリアノスの床屋での安物のアフターシェーブローションの匂いです。 天日干しのイチジクの甘酸っぱい匂い、そしてとりわけトリミスの「リオトゥリヴィ[Liotrivi]」(オリーブ圧搾場)の素晴らしい匂い?? そこで私は何時間も突っ立って、大きな灰色の馬がオリーブをつぶす巨大な石の輪を回しているのを見ていました。 わが人生の初期の頃、出来立てのオリーブオイルで揚げた「チガノプソモ[tiganopsomo]」という厚手のパンケーキのようなパンと、 厚く切った自家製の柔らかい山羊乳のチーズほど美味しいものはありませんでした。

キミはギリシャの首都アテネから車でわずか2時間半ですが、絵画的な風景と完璧に調和した中央エヴォイアの東の端の小さな町です。 地形は複雑で山と海岸の要素が完全に融合しています。 海抜220mのところに立地していますが、海から続くまがりくねった狭い道をわずか4km入ったところにあり、「エーゲ海のバルコニー」と呼ばれていて、すばらしいエーゲ海の風景が楽しめるのです。
私にとって最も忘れがたい経験は、8月の満月を見ていたときのことです。丸い月が燃える血の色のような赤に染まり、美しい金と輝く銀の海から姿を現します。 まるで敵を倒した巨人がその倒れた敵たちの鎧の光の中から頭をつきだしたかのようです。 その両脇には「プラソウダ&リサリ[Prasouda & lithari]」という2つの岩の小島が勝者を讃え、守るようにそびえています。

頑固な性質[たち]のキミの人々は、開発を拒んできました。キミは時間を超越し、進歩には動かされず、訪れるたびに私は自分の幼い頃の記憶を新たにすることができます。ずっと実質的に何も変わっていないからです。キミの守護聖人である聖アサナシオス[Athanasios]教会の聖堂、土地の名物である「バクラバ[baklava]」や「アミグダロタ[amygdalota]」などを売る菓子屋だらけの広場…… 床屋ですら昔と同じ匂いをさせていました。ただ「リオトゥリヴィ」から馬はいなくなり、人々もほとんど見知らぬ人になってはしまいましたが。

キミでの私の生活は、ワクワクすることばかりでした。豊かで美しい田舎は新しい驚きでいっぱいなのです。私は母親と一緒に、あるいは農作業をしているほかの大人たちと一緒にいました。 私は興味津々で生活の移り変わりを眺めていました。ブドウの木が芽を出して、実を結ぶまでを見ていました。 あるいは、我が家の山羊「アラピツァ」の子供が2頭生まれたのを見、それらが最後にはイースターの食卓にのぼるのを見て心を痛めました。

ブドウの収穫期である9月には、延々と続くロバやラバや馬の輸送部隊が、大きなかごにブドウを入れて、それが処理される「パティティリ[patitiri]」という丸い水盤のところに運ぶのを見ていました。 そこではたくさんの若い男女が裸足になって、ブドウを踏みながら踊り、そうしてワインになるブドウ果汁が絞られるのでした。 私は大きなブドウのかごの間に挟まって座り、ロバに乗ってゆくのが好きだったものです 。同様に、オリーブの収穫される冬には、私は得意になって私のオリーブの小さなかごを母に見せに行き、母は骨の折れる仕事で疲れていながらも、微笑んで私の頭をなでて褒めてくれたものでした。 この生活は私の人生の最初の5年間しか続きませんでした。その後、私たち家族はアテネに引っ越したのです……

サイン

有限会社ノスティミア
A. Fragkis



ノスティミアの安心・安全情報

ギリシャからの船便は日本へ到着するまで赤道直下を通らなくてはなりません。ノスティミアでは最高の食材とワインを最高の状態で皆様にお楽しみいただくために、全商品リーファーコンテナ(室温16℃)で輸入しております。
※冷蔵商品に関しては飛行機で輸入しております。

      

Ships from Greece to Japan have to cross the equator. In order to provide you with top quality products in excellent condition, our company transport all the products we import in refrigerated containers at (16℃) Fresh products, such as Total Greek Yogurt, are imported by air.

GRECO ギリシャヨーグルト

通常日本のスーパーでは乳製品の保管温度は10℃以下となっておりますが、弊社のギリシャヨーグルトは、添加物・保存料・着色料などを一切使用せずに生乳と乳酸菌からできております。
賞味期限満了まで美味しく召し上がっていただくために2℃〜5℃での保管をお願いしております。

スーパーでのご購入の際は、保冷材の入ったクーラーバックなどをご用意ください。
長時間のお持ち歩きは商品劣化の原因となりますので、速やかにご帰宅いただき冷蔵庫への保管をお願いいたします。


営業時間について

8:00-18:00(休店/土・日・祝)

※その他当社カレンダーによる休業日がございます。


    

水戸営業所では、ギリシャの食材以外にワインもご購入いただけます。是非、お近くにお越しの際はお立ち寄りください。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
※本社では販売はしておりません。


■ネット・FAXでのご注文は24時間受け付けております。

    

■お電話でのお問い合わせは営業時間帯にお願いたします。

TEL:029-222-0560  FAX:029-222-0561
Mail:info@nostimia.com

   

営業日カレンダー

2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年2月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728

[休業日]
メールでのご注文への返信は、営業日での対応とさせて頂いております。

[ヨーグルト注文締日]
カーソルを当て続けると最短発送日が表示されます。

[ヨーグルト発送日]
ヨーグルトの発送スケジュール

Page Top